根管治療

根管治療について

根管治療とは

根管治療とは

根管治療は、歯髄(しずい)という神経や血管を含む組織に虫歯が感染し、最悪の場合壊死してしまうような状態になった場合に、感染した歯髄や血管を除去して消毒する治療です。

この治療によって、歯を残すことが期待できます。

治療の目的

根管治療は、次のような病態であると認められるときに行うことが多いものです。

歯髄炎

歯髄炎は、虫歯が進行して歯髄に達した状態です。
炎症が元の状態まで回復しない場合には、抜髄などの根管治療を行うことになります。

歯髄壊死

歯髄壊死は、歯髄炎を治療せずに放置しておくことで歯の神経が死んでしまう状態です。
温度や刺激による痛みはなくなりますが、外傷によっては歯髄壊死を起こす恐れもあります。

根尖性歯周炎

重度の虫歯などを放置したことによって、骨の中まで炎症が進行してしまっている状態です。
一度根管治療を行なった歯がこの病気になるケースも見られます。

根管治療の種類

抜髄

抜髄治療は、歯の神経を取る治療です。
歯の根にある歯髄は細く曲がっているため、抜髄治療を確実に行うことが今後の歯に影響を与えます。
この治療は医師の経験と機器をしっかり使いこなすスキルが重要です。

感染根管治療

感染根管治療は、虫歯が深くなり、歯髄炎を起こしたままにしてしまうことによって起こる「根管」の中で細菌がどんどん増殖することによって、虫歯や歯周病の菌だらけになってしまった状態に対する治療です。

根管の中から歯を支える骨に感染が広がり、最終的には抜歯しなければいけない状態になるため、根管の中の細菌や汚染物を取り除くことで炎症を抑えます。

諦めずに最後まで続けること

根管治療は、精密な処置が必要になることから通院回数が増えてしまいます。
そのため、虫歯菌に侵食された神経を除去したことによって痛みがなくなると治療を中断してしまう方がおられます。

しかし、治療を中断すると細菌がそのまま残ってしまうため、虫歯や歯周病を悪化させ、最悪の場合は抜歯をすることになってしまいます。
ぜひ、最後まで一緒に治療を乗り切りましょう。

当院では、根管治療の経験がありスキルのある医師がしっかりサポートし、最後まで伴走していきます。
ぜひ、どんなことでもご相談ください。

治療症例のご紹介

24歳 男性

左上第2小臼歯の痛みを訴えて来院。数年前に治療したそうですが、歯髄炎を起こしていました。

抜髄ですが大きく弯曲しています・・・これは難症例です。

技術の全てを出し切り根充できました。現在術後11年ですが、まったく違和感ありません。

治療内容抜髄治療(1根)
治療期間2回(抜髄治療のみ)
費用33,000円(自費診療)
主なリスク抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。
再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。
副作用根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。
不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

45歳 男性

8年前に第1大臼歯は虫歯の治療、第2大臼歯は感染根管治療を施しました。

5年後、第1大臼歯が痛みましたので神経を取りました・・・4根管でした。

4根管綺麗に根充できました・・・完璧です。

症状は消失し快適に噛めるようになりました。

治療内容抜髄治療(4根)
治療期間4回(抜髄治療のみ)
費用77,000円(自費診療)
主なリスク抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。
再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。
副作用根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。
不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

33歳 男性

第2小臼歯は歯髄炎のため抜髄をしました。

珍しい3根管でした。頬側2根にリーマーを試適します。

綺麗にできました。術後快適に噛めるようになりました。

治療内容抜髄治療(3根)
治療期間4回(抜髄治療のみ)
費用77,000円(自費診療)
主なリスク抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。
再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。
副作用根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。
不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

55歳 男性

鹿児島市内の歯科医院からの紹介で来院。左下の違和感を訴えてきました。レントゲン写真では大きな透過像が認められます。3本の歯はどれも怪しいですが・・・。

第1大臼歯の歯内治療をしました。

根尖病巣は改善し、術前の透過像はすべて消失しました。違和感はなくなり快適に噛めるようになりました。

治療内容 感染根管治療(1根)
治療期間2回(感染根管治療のみ)
費用33,000円(自費診療)
主なリスク抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。
再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。
副作用根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。
不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

感染根管治療について

他医院で神経を取ったけど、痛み出したという方は木村歯科にご相談ください。神経を取ったにもかかわらず歯が痛むケースがあります。「神経を取ったのにどうして痛いの?」と不思議に思うでしょうが、歯の根にある神経を取る治療が不十分だった場合に起こりうることです。

歯の根の治療(根管治療)は、精密さと熟練技術を要する治療であるにもかかわらず、診療報酬(保険点数)のあまりの低さから進んでいないのが実情です。
そのため歯髄を取った数年後、場合によっては数か月後に、根の先に感染を起こし、痛みを訴える方をしばしばみます。

感染を起こした根は膿が溜まって歯ぐきは腫れ激痛を伴います。その場合は再度、根の治療(根管治療)を行い、感染した根の中を清掃し詰めなおす処置が必要なのです。

他医院で何度も根の治療(根管治療)をしているのに、再び痛み出す方は当院に一度ご相談ください。

症例のご紹介

※症状には個人差がありますので、同じような治療結果を必ずしもお約束するものではありません。
※治療費用は全て税抜の価格となります。

32歳 男性

第1大臼歯は大きな虫歯、第2小臼歯は根尖に大きな病巣ができています。

第1大臼歯は抜髄を行い、第2小臼歯は感染根管治療を行いました。術後15年経過しましたが、良好に経過しています。

治療内容感染根管治療
治療期間3回(感染根管治療のみ)
費用33,000円(自費診療)
主なリスク感染根管治療で病巣に改善がみられない場合は、外科的掻爬または歯根端切除術が必要になります。
副作用すでに根管内は大きく拡大されて(削られて)いるため、数年後に歯根破折を起こす場合があります。
不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

35歳 女性

市内の歯科医院からの紹介で来院。側切歯および犬歯の根尖に大きな透過像が認められます。中切歯と側切歯の歯内治療がまったくできていません。

上顎の歯肉が大きく腫れています。初診時には腫脹した部位を切開し膿を出しました。その後、中切歯と側切歯の感染根管治療を行いました。

数ヶ月が経過しましたが症状が完全に消失しませんので、外科的に根尖を掻把します。

根尖が損傷していましたので、歯根端切除術を行いました。

違和感は改善し、レントゲン写真でも透過像は完全に消失しました。

治療内容歯根端切除術
治療期間1回(歯根端切除術のみ)
費用55,000円(自費診療)
主なリスク歯根が破折している場合は抜歯となります。
副作用すでに根管内は大きく拡大されて(削られて)いるため、数年後に歯根破折を起こす場合があります。
不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。
top
0927251077 24時間受付 お問い合わせフォーム 診療時間
研修会のご案内はコチラ

診療時間

  日祝
9:30〜13:30
15:00〜19:00

...9:30~16:00