Web予約
MENU

根管治療

Root canal

Root canal根管治療

抜髄治療

ニッケルチタンファイル

歯の強烈な痛みは歯髄(歯の神経)の痛みです。昔は歯に開いている大きな穴に"正露丸"を詰めれば治ると信じている方がいましたが、治るはずがありません。一刻も早く歯髄(歯の神経)を取らないと痛みは治まりません。

抜髄治療(歯の神経を取る治療)は木村歯科にお任せください。歯の根にある歯髄(歯の神経)は細く曲がっていますので、抜髄治療を確実に行うことが歯の予後を大きく左右します。確実な治療を行うためには最新の器材と熟練した技術が必要です。

木村歯科では、病巣部を拡大して確認が出来る歯科手術用顕微鏡マイクロスコープと根管内の拡大・形成に優れたニッケルチタンファイル(5種類)を使用しています。従来のステンレスファイルと比べ優れた柔軟性を有し、2~3倍の速さで根管内の細く彎曲した歯髄を取ることができます。

更に歯髄を取った部分は垂直加圧根充(Continuous Wave of Condensation Technique)を行っていますので、細く曲がったところにも緊密に詰めることができます。

症例

※症状には個人差がありますので、同じような治療結果を必ずしもお約束するものではありません。
※治療費用は全て税抜の価格となります。

24歳 男性

  • 症例1-1

    左上第2小臼歯の痛みを訴えて来院。数年前に治療したそうですが、歯髄炎を起こしていました。

  • 症例1-2

    抜髄ですが大きく弯曲しています・・・これは難症例です。

  • 症例1-3

    技術の全てを出し切り根充できました。現在術後11年ですが、まったく違和感ありません。

【治療内容】抜髄治療(1根) 【治療期間】2回(抜髄治療のみ) 【費用】33,000円(自費診療) 【主なリスク】抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。【副作用】根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

45歳 男性

  • 症例2-1

    8年前に第1大臼歯はむし歯の治療、第2大臼歯は感染根管を施しました。

  • 症例2-2

    5年後、第1大臼歯が痛みましたので神経を取りました・・・4根管でした。

  • 症例2-3

    4根管綺麗に根充できました・・・完璧です。

  • 症例2-4

    症状は消失し快適に噛めるようになりました。

【治療内容】抜髄治療(4根) 【治療期間】4回(抜髄治療のみ) 【費用】77,000円(自費診療) 【主なリスク】抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。【副作用】根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

33歳 男性

  • 症例3-1

    第2小臼歯は歯髄炎のため抜髄をしました。

  • 症例3-2

    珍しい3根管でした。頬側2根にリーマーを試適します。

  • 症例3-3

    綺麗にできました。術後快適に噛めるようになりました。

【治療内容】抜髄治療(3根) 【治療期間】4回(抜髄治療のみ) 【費用】77,000円(自費診療) 【主なリスク】抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。【副作用】根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

55歳 男性

  • 症例4-1

    鹿児島市内の歯科医院からの紹介で来院。左下の違和感を訴えてきました。レントゲン写真では大きな透過像が認められます。3本の歯はどれも怪しいですが・・・。

  • 症例4-2

    第1大臼歯の歯内治療をしました。

  • 症例4-3

    根尖病巣は改善し、術前の透過像はすべて消失しました。違和感はなくなり快適に噛めるようになりました。

【治療内容】感染根管治療(1根) 【治療期間】2回(感染根管治療のみ) 【費用】33,000円(自費診療) 【主なリスク】抜髄処置は100%ではありません。根管の神経は複雑なため約10%は再治療になると言われています。再治療で約80~90%が治癒します。しかしながら不幸にも治癒しない場合は抜歯になります。【副作用】根管治療をした場合、経年的に歯質は劣化します。数十年後に歯根破折を起こす可能性があります。不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

感染根管治療

他医院で神経を取ったけど、痛み出したという方は木村歯科にご相談ください。神経を取ったにもかかわらず歯が痛むケースがあります。「神経を取ったのにどうして痛いの?」と不思議に思うでしょうが、歯の根にある神経を取る治療が不十分だった場合に起こりうることです。

歯の根の治療(根管治療)は、精密さと熟練技術を要する治療であるにもかかわらず、診療報酬(保険点数)のあまりの低さから進んでいないのが実情です。そのため歯髄を取った数年後、場合によっては数か月後に、根の先に感染を起こし、痛みを訴える方をしばしばみます。感染を起こした根は膿が溜まって歯ぐきは腫れ激痛を伴います。その場合は再度、根の治療(根管治療)を行い、感染した根の中を清掃し詰めなおす処置が必要なのです。

他医院で何度も根の治療(根管治療)をしているのに、再び痛み出す方は当院に一度ご相談ください。

症例

※症状には個人差がありますので、同じような治療結果を必ずしもお約束するものではありません。
※治療費用は全て税抜の価格となります。

32歳 男性

  • 症例5-1

    第1大臼歯は大きなむし歯、第2小臼歯は根尖に大きな病巣ができています。

  • 症例5-2

    第1大臼歯は抜髄を行い、第2小臼歯は感染根管治療を行いました。術後15年経過しましたが、良好に経過しています。

【治療内容】感染根管治療 【治療期間】3回(感染根管治療のみ) 【費用】33,000円(自費診療) 【主なリスク】感染根管治療で病巣に改善がみられない場合は、外科的掻爬または歯根端切除術が必要になります。 【副作用】すでに根管内は大きく拡大されて(削られて)いるため、数年後に歯根破折を起こす場合がります。不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。

35歳 女性

  • 症例6-1

    市内の歯科医院からの紹介で来院。側切歯および犬歯の根尖に大きな透過像が認められます。中切歯と側切歯の歯内治療がまったくできていません。

  • 症例6-2

    上顎の歯肉が大きく腫れています。初診時には腫脹した部位を切開し膿を出しました。その後、中切歯と側切歯の感染根管治療を行いました。

  • 症例6-3

    数ヶ月が経過しましが症状が完全に消失しませんので、外科的に根尖を掻把します。

  • 症例6-4

    根尖が損傷していましたので、歯根端切除術を行いました。

  • 症例6-5

    違和感は改善し、レントゲン写真でも透過像は完全に消失しました。

【治療内容】歯根端切除術 【治療期間】1回(歯根端切除術のみ) 【費用】55,000円(自費診療) 【主なリスク】歯根が破折している場合は抜歯となります。 【副作用】すでに根管内は大きく拡大されて(削られて)いるため、数年後に歯根破折を起こす場合がります。不幸にも歯根破折となった場合は抜歯になります。