Web予約
MENU

医院案内

Clinic

医院紹介
CLINIC INTRODUCTION

  • 歯科用CT・レントゲン室

    歯科用CT・レントゲン室

    デジタルX線写真とパノラマX線写真に加えて歯科CT撮影装置を導入しております。CT撮影によって構成された三次元画像から、より正確な情報が得られ、今までは分からなかった骨の中の状態や神経・血管の走行も把握できることにより、確実な診断が可能となりました。

  • オペ室

    オペ室

    清潔域を確保するために手術室を完備しています。手術室では歯周外科手術やインプラント手術等の観血的手術を行います。技術を磨くことはもちろんのこと、最新の器材を使用することで更に治療効果は向上します。完全個室ですので、安心して治療を受けることができます。

  • マイクロスコープ

    マイクロスコープ

    歯科手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、肉眼では見ることができない微細な部分まで、正確にそして緻密に治療をすることができます。歯科医療はミクロの単位での作業ですので、マイクロスコープはなくてはならない器材の一つです。

  • CO2レーザー

    CO2レーザー

    CO2レーザーは生体に対して大変効果的で、歯科分野はもちろん医科分野でも有用性が示されています。特に軟組織の取り扱いにはとても重宝し、歯ぐきを切開する際には出血もなく、治癒が早く、傷が綺麗に治るという利点があります。

  • 拡大鏡ルーペ

    拡大鏡ルーペ

    人間の眼はオートフォーカス機能が備わっていますが、ズーム機能はありません。小さなものを見るためには近づかないといけませんがそれも限界があります。特に歯科治療は細かい作業なので、見えているかいないかで治療結果は大きく変わります。医療分野で世界中に愛されているトップメーカー、カールツァイスのものを使用しています。

  • ホワイトニング照射器

    ホワイトニング照射器

    オフィスホワイトニングの際に使用する照射器です。ハロゲン光源とLED光源により歯髄や歯肉に対して悪影響を与える高熱や紫外線(UV)を除去します。

  • カウンセリング室

    カウンセリング室

    各種検査結果をもとに治療方針を決定するドクターカウンセリングを行う部屋です。ドクターカウンセリングでは、確実な診査・診断に基づき治療計画を立案し、治療の流れを解りやすくご説明いたします。

  • 診療室

    診療室

    診療室は全面ガラス張りで明るく開放的です。渡辺通りに面しているので、三越や天神の街並みが一望できます。

  • 受付・待合室

    受付・待合室

    間接照明をふんだんに使用し、高級ホテルのラウンジを思わせるような待合室です。優しく包み込むような座り心地のソファーに掛けてお待ちください。束の間でも緊張感が和らぎます。

診察の手順

  1. 01初診カウンセリング

    現在のお困りの状態や処置の希望について、歯科衛生士がしっかりとお聞きいたします。お悩みや来院についての希望を遠慮なくお聞かせください。

  2. 02口腔内検査と応急処置
    現在のむし歯や歯周病の進行具合を詳しく検査します。
    • デジタルレントゲン写真撮影
    • 診断用模型作成のための歯の型の採取
    • 口腔内カラー写真撮影
    • 歯周病(歯ぐきの状態)の精密検査
    応急処置

    痛みやお困りのことがあるときは応急処置をいたします。

    口腔内検査と応急処置
  3. 03医師による検査結果報告および治療方針のご提案

    検査を受けていただいた後は、現在のお口の状況を歯科医師が具体的に説明いたします。
    (検査結果と治療計画の資料をご提供いたします。)

    今後の治療の必要性や治療方法、期間・費用についてご提案をさせていただき、ご自身が納得される方法をお選びいただけるようにしております。

    口腔内検査と応急処置
  4. 04治療開始

    ご提案させていただいた治療計画から、患者さんが選択された治療を開始いたします。

  5. 05治療終了

    治療終了おめでとうございます。

  6. 06定期的なケア(メインテナンスプログラム開始)

    これからが本当の健康な生活のスタートです。よくなったお口を長く維持していくための定期的な健診を開始します。

歯科でのレントゲン撮影を心配されている方へ

福島原発爆発事故が発生して以来、多くの方が放射能に対して敏感になり、医療で使用するレントゲン撮影の被爆量を心配される方も増えたと思います。

当院では、日頃より不必要なレントゲン撮影は行わないよう心がけております。

歯科で撮影するレントゲンは、お口全体が撮影するパノラマX線写真(大きいX線写真)と、口の中に入れて撮影するデンタルX線写真(小さいX線写真)があります。
どちらもヒトが自然界で1年間に受ける照射量のおよそ1/40~1/100と極めて少量です。

例えば、集団検診で撮影する胃のX線写真1枚(約4.1mSv)のおよそ1/100~1/400程度となります。

またその安全性は極めて高く、レントゲン写真から得られる情報は、より良い治療を行うためには不可欠といえます。初診時は、少ない線量で多くの情報を得られるパノラマX線写真によって歯以外の上顎洞や下顎骨の診断にも役立てています。

撮影時には被曝量削減のために防護エプロンを使用します。
防護エプロンには鉛が入っており、肺、胃、腸、精巣、卵巣など放射線に過敏な部位への被爆をほぼゼロにすることができます。

より良い治療を行うためには、患者さんのご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

レントゲン

レントゲン撮影のQ&A

A 歯のX線撮影は局所的に治療する歯を対象としておりますので、X線は直接生殖腺には届きませんから安心です。散乱線として極微量検出されるだけです。

また、撮影時に鉛入りの防護エプロンを使用していれば検出できませんし、防護エプロンを使用しなくても生殖腺に届く散乱線は極々微量ですので心配はないです。妊娠初期を含めた全期間を通じて、歯科医院で撮影するX線写真は安全と考えて差し支えありません。

奇形や精神発達遅延が現れるのに必要な放射線量は50mSv以上です。母体内の胎児がこれを超える放射線を受けた場合でなければ、これらの障害は発生しません。

つまり、歯のX線写真を数千回、防護エプロンなしで、一度に撮影しないと異常はおこらないことになります。それよりもX線撮影をすることで正しい診断をすることの方が重要だと思います。

ただし、妊娠に気付いたらX線写真の撮影は最低限にとどめるべきなので、医師やスタッフまでお知らせください。

A パノラマX線写真というのは、上の歯と下の歯の噛み合わせや顎骨の状態を全体にわたってよく観察することができます。治療する歯が、その中のどの辺にあって周囲とどのような関係にあるのか?また、その周囲がどのような状態になっているのか?を診断する必要がある時に撮影します。

パノラマX線写真には、そのほかにも上下の顎骨や左右の顎関節までも展開されて写りますので、口腔領域の治療に先だって大局的な診断をしたり、治療計画を立てたり、患者さんとの話し合いの資料としての価値は十分に高いと言えます。

しかしパノラマX線写真はその画像形成上の原理から、どうしてもデンタルX線写真ほど鮮明ではありません。そのため実際に歯を治療するためには、特別にデンタルX線写真が必要です。もちろんデンタルX線写真のみで済む場合には、パノラマX線写真は撮影いたしませんのでご安心ください。

A 問題は何枚まで撮影したら安全かということではなく、そのX線検査は病気を正確に診断したり、最善な治療の計画を立てたりするのに必要かどうかということなのです。もちろんそのためには、そのX線検査は正当化され、最適化されていなければなりません。

放射線の危険性についての心配は当然ですが、歯科医師は最も適切な条件で撮影し、被爆線量を少なくするようにしており、また余分な所に照射しないよう照射野(X線のあたる範囲)を必要最小限にしていますのでご安心ください。

A CT検査は、普通のX線撮影よりも線量が多いことは事実です。しかし上顎洞や下顎骨の病気や骨の状態は、通常のX線写真だけでは分かりません。そのためCT検査を行うことでより正確な診断が可能になります。重大な疾患が疑われる場合にCT検査はとても重要です。正確な診断をすることが患者さんのためになりますし、重大な事故を防ぐことになります。

医院概要
CLINIC OVERVIEW

  • 医院名
    医療法人木村歯科
  • 住所
    〒810-0001 福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル5F
  • ご予約・
    お問合せ
    092-725-1077
  • 診療案内
    一般歯科、インプラント、歯周病、再生治療、顎関節症、デンチャー、予防歯科、審美歯科
    (ホワイトニング・歯肉ホワイトニング・口臭検査)
診療時間
9:30-13:30
15:00-19:00
  • 休診日...日曜・祝日