診療案内

トップ > 診療案内 > 再生療法

再生療法 -Regenerative-
天然歯周囲の歯槽骨の再生

歯周病が進行し歯槽骨の吸収が重度に至った場合(歯周ポケットの深さが6mm以上)、従来の切除療法では歯茎は下がり歯根は露出してしまいます。そのため術後に知覚過敏や発音障害等がおこります。
このような術後障害を回避するためには、失った歯槽骨を元に戻す再生療法がたいへん有効です。
再生療法にも様々な術式がありますが、現在ではエムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)が最も効果的な治療法といえます。

エムドゲインゲルの主成分はエナメルマトリックスデリバティブというタンパク質です。どうしてタンパク質を塗ると歯周組織が再生するのでしょうか? それは"乳歯や永久歯はどうして生えてくるのか?"という話にさかのぼります。 歯は顎の中で創られ歯茎をやぶって出てきます。 近年、このタンパク質が歯の発生の引き金になるということが解明され、歯の周囲のセメント質、歯根膜そして歯槽骨の再生に応用されるようになりました。 バイオロジーの進歩によるとても画期的な治療法で、今までにない治療結果が得られています。

エムドゲインゲルは現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したものです。2014年現在、世界40カ国以上で約200万症例以上使用され、今日に至るまで1例の副作用の報告もありません。とても治療効果の高く安全な材料だと思います。 僕も自分の両親にも使いましたし、自分がもし歯周病になったら使ってほしい材料です。

治療例
77歳 女性(主婦)
症例1
37歳 女性(会社員)
症例2
インプラントを埋入するための歯槽骨の再生

インプラントを埋入するには、歯槽骨の幅と深さが存在することが前提となります。 歯槽骨がない部位に無理してインプラントを埋入すると、その後が大変なことになります。従って必要な歯槽骨がない場合には骨造成、すなわち歯槽骨の再生が必要になります。 骨造成には5~7ヵ月を要しますが、当医院では確実な方法を選択しています。

治療例
75歳 男性(会社役員)
症例1
再生療法のよくある質問FAQ:Regenerative
以前別の歯科医院で「あなたの顎は骨がないからインプラントはできません」と言われました。本当にインプラントはできないのですか?
埋入するインプラントは直径約4mm、長さ10mm前後のものを使用します。従って埋入するインプラントが入るためにそれ以上の骨がないとできません。不幸にも抜歯のため骨が大きくなくなり、インプラントを埋入するための幅と高さがない方も沢山います。 しかしながらある程度の骨の造成であれば、人工骨や自家骨を移植して骨を再生しインプラントが可能となります。

その他の質問はこちら

医療法人木村歯科(福岡天神歯周病インプラントセンター)

  • 初めての方へ
  • 木村歯科だより

    ご予約・お問い合わせ 092-725-1077

  • *必ず保険証をご持参ください。
    *学会等で休診の日もございますのでお問合せください。
  • 診療時間 休診日日曜・祝日
  • 【午前】 9:30 ~ 13:30
    【午後】15:00 ~ 19:00
  • 医療法人木村歯科

    〒810-0001
    福岡市中央区天神1-6-8
    天神ツインビル5階
  • クリックすると拡大されます。
  • 木村歯科Facebook